トイレの水道修理を頼む前に応急処置をしよう

水回りの中でも、特に水道のトラブルが多い場所としてトイレがあります。トイレが使えなくなると、とても困ってしまいます。修理業者を呼ぶだけでなく、その前に応急処置を施しておくことも大切です。そこで、応急処置の方法を解説します。

■止水栓を閉じる

トイレに限らず水漏れが起きてしまったら、止水栓や元栓を締めることを覚えておきましょう。そうすれば水の流れを断ち切ることができるため、一時的に水漏れを止めることが可能です。もちろん、問題を解決したことにはなりませんが、業者の人が到着するまでに水漏れの被害が大きくなるのを防ぐことができます。周囲が水浸しになるのを防ぐことは、特に集合住宅の場合には重要です。

■無理に直そうとはしない

トイレがつまることはよくあり、その際はラバーカップを使うことが効果的です。これにより、多くのつまりは解消されるでしょう。しかし、それでも直らない場合は症状が重いケースです。重度のつまりの場合には、無理に直そうとするべきではありません。下手に直そうとすると症状が悪化する可能性もあります。この場合は、業者が到着するまでトイレを使用しないでおきましょう。


■まとめ
トイレでトラブルが生じると、とても慌ててしまいます。しかし、そこで落ちついた処置を施すことによって、被害を最小限に食い止めることができます。とりあえず、水の流れを止めておくことで被害が広がることはなくなります。その後に水道修理業者に連絡をし、修理やトイレリフォームなどを依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ